木造ってすごい!

住友林業が

2041年を目標に、「高さ350mの超高層の木造建築をつくる」っていう構想を発表した。

すごいね!

いまから23年先だし、技術も進んでいるだろうから、ほんとうにできるかも知れない。

木造の可能性は無限といってもいいほど、まだまだあるから

夢を見せてくれる。

23年先は自分の命があるかどうかちょっとあやしいが・・・

でも

木はいいなあ・・・

雪が降る

めずらしく雪の朝 になった。

昨夜の天気予報予報では「まんのうは雪」と伝えていたが、

予報どおり。

暖地ではめったにない雪だが、

それでも、シーズン中1~2回は雪景色に変貌する。

180104-1.jpg
180104-3.jpg
180104-2.jpg

ヨモギ゙餃子をつくる

食ネタで

中国に武術留学していた長男は、思い出したように餃子をつくってくれる

向こうにいたときよくつくって食べていたのか、身体が覚えているようだ

ただ、ヨモギ入りは日本に帰ってからのオリジナルみたい

包む中身はまったくの好みで、なんでもありだと言う

今回はスタンダードなひき肉であった

180130-2.jpg

皮は中力粉に蒸したヨモギをすりつぶして練り込む

練り玉を棒状に伸ばし、細かくちぎって一枚一枚丸棒でを伸ばし皮をつくる

180130-3.jpg

今回はゆで餃子

ゆで上がったあつあつの餃子を好みのタレを少し付けて食べる

ああ!

ヨモギの香りが口の中に広がって鼻に抜けていく・・・

人間ドック

毎年恒例の人間ドックを受けた。

予想していたとおり

体重が一年前と比べて3kg<増加・・・餅の食べ過ぎか?!

体脂肪もぐっと増えている、相当やばくなっている。

これは気合を入れて減量に取り組まなくては。

心臓が不調だから

ここのところ、運動らしい運動から遠ざかっているのがどうもいけない。

胃カメラで、胃壁が痛んでいると先生は言うムムム・・・

まあ

過信は大敵、性根を入れて体質改善だ

病院の空気

ここんとことろ、約月一くらいで高松の病院に通っている。

あまり病院とは縁のない生活をしてきたぼくだが、還暦を過ぎて3年、

いよいよガタが来たか・・・

最近身の回りでは同世代の人たちが召されていく。

まだまだ、しがみつきいたいので悪あがきをしてみるんだ!

最初に訪れる病院ほど違和感を感じる場所はない。

でも数回来ているとしだいに馴染んできて、ここの空気が自然に受け入れられる。

先生と患者、患者はぼくであるわけだが、その様子を見ているもう一人のぼくがいる。

看護士、スタッフ、それぞれが持ち場持ち場で、忙しく、あわただしく活動している。

そう!病院だからこそ活気なのだ!

活気が失せた、沈滞した空気の中では身をゆだねる気にはなれない。

ああ!手術をすることに決めた。

先生とのやり取りのなかでぼくは活気を感じた。