お寺の改修工事が始まりました

S寺本堂の外装と山門の改修工事が始まりました。今回は本堂の紹介です。壁が少ない妻側には、補強のためのバットレスが設けられていました。東側の焼板は実際に直火で焼いて作られていたようです。現われた土壁は造られた当時が思い起こされます。

20070516160300.jpg 20070516160403.jpg 20070516160441.jpg 20070516160515.jpg
妻側のバットレス    使われていた焼板  現われた土壁    新たな壁下地
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント