今朝のグリーンジム

ガサガサと音がして木が揺れる。

移動するでもなく同じところで動き回っているようだ。

フッーフッーと鼻息が聞こえ、しぼり出すようなうめき声が混じる。

ぼくは、音の主が出てきたら写そうとカメラを構えていた。

5、6分も経っただろうか、

ドスンと音の主が道に転がり出てきた。

出てきたというより落ちたというべきか。

なんとワッパに足を入れた猪がワイヤーの先に木をくっつけている。

脱出を試みた猪は懇親の力でもって、つながれている木の根を掘り、引き抜いたのだ。

一瞬ぼくの姿を見たが、木を引きずって雑木の中に逃げ込んだ。

ヤツは運悪くワナにかかり、木には狩猟者の札が付いていた。

後に、狩猟者は形跡をたどるのだろうか・・・。

ぼくたちは命を喰らって生きている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント