痕跡

かつて住宅建築の梁材として多く使われていた赤松だが・・・
いわゆる松食い虫の痕跡。

松枯れを起こす「松食い虫」という虫はいない。
「マツノザイセンチュウ」という小さな線虫が「マツノマダラカミキリ」に宿り、
それが運び屋になり、松を枯らしているという。

これはマダラカミキリの産卵跡、松は見事に枯れていた。
でも、健全に成長している赤松が少なからずあるのも事実。

コピー ~ P1250003
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント