城山の景色

ずいぶんと言っていいほど久しぶりだ
体調のこともあり、ここのところこすっかり足が遠のいてしまっていた
なぜだか無性に山頂から景色を眺めたくなり、足が山に向かった
路が荒れていた
以前のように一気にとはいかない
息を整えながら時間をかけて登る・・・体力が落ちている
肌を刺す冬の空気に火照った身体をかざしながら高度をかせぐ
松の枯立ち、クヌギのヤマオヤジ、山頂から見る讃岐富士、風景は以前と変わらない
頂の寒暖計が3℃を示していた

171217-1.jpg
171217-2.jpg
171217-3.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント