カエルの子はカエルというが・・・

父が他界して14年になる。晩年はそうでもなかったが、若い頃は宗教活動にハマっていて子供の頃は父と遊んだ記憶がない。母はずいぶん悩んで葛藤を抱えて長い間過ごしたが、そんな母も晩年は穏やかな日々に戻っていたのが子の気持としては救いだった。そんなだったから母を苦しめた○価学会は好きになれないし批判的な目で見ている。年月の流れとともに、それもだんだん記憶から遠おざかっていく・・・。さて、今の自分はもっぱらNPO活動に注力しているが、そんな自分を見ていると父を思い出す。グウーッとのめり込む性はやはり父のDNAだろう。対象は違うが行動の心理はよく似ている、と最近つくづくそう思う。今にして思えば父の心理も母の葛藤もよくわかる。泉下の客となった両親は今の私をどう見ているだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント