久しぶりの四国村

140713-1.jpg

かがわ木造塾のFWで久しぶりに四国村を訪れました。建築史家麓先生の案内と解説付きです。ここにある建築文化遺産の素晴らしさを認識しました。またこのような建築をどう見るかについて興味深く聞きました。素材もつちからをうまく引きだしてムダにせず使いきる知恵と技は、学ぶべき多くのものを無言で語りかけてくるようです。今の時代ありあまる建材にかこまれていますが、これほど建築のちからを持ち得ているでしょうか。古きものをみることは現代を学ぶことでもあるようです。近いうちに今度は一人で静かに探訪してみよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)