表情を新たに

壁の土佐漆喰は最初は薄いベージュ色ですが時間が経つと真っ白に。
鉄骨部分には飾りのくぐり戸を取り付けます。

    Pc060001.jpg

新しくなった棟の鬼瓦は巾が1m近く、そばで見ると迫力があります。
懸魚は彫師の手により入念に修復されました。

             Pc060004.jpgPc060005.jpg

それぞれの素材が新たな表情を見せるS寺山門です。

     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント