坂東玉三郎+鼓童

121114-2.jpg

機会があって先日坂東玉三郎の公演を観にいった。
写真は幕間のもの・・・公演中は撮影禁止のため。

それにしても人間国宝の演技を目の当たりにする機会はめったにない。
坂東玉三郎といえば女形だが、体のすべてから発せられる動きが目に焼き付く。
身体芸術とはこういうものなんだろう。

ふだんまったくこういう世界と縁のない暮らしだが、たまに観ると触発される。
鼓童とのコラボがまたよかった。玉三郎の踊りと太鼓がまみえ魂の昇華をみた。

金丸座の天井の竹格子が美しい。
ちょっと目線は遠いが、1階の窮屈なマス席より2階の方が全体が見渡せていい。
それに体もらくだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)