砂漠に木を植えに行ってきた1

成田から瀋陽へ、3時間。

120507-1.jpg

瀋陽国際空港。
カーテンウォールのターミナルビルと駐車場にあるキノコを模した?建物....不思議な取り合わせだなあ。
向こう側では新空港の工事の真っ最中。
やがて様変わりということになるんだろうね。

120507-2.jpg

バスで移動中。
空港から現地(ウルスン)まで、揺られ揺られて5時間、このバスでの移動はわるくはなかったね。
風景を眺めたり、ウトウトしたり・・・ボーッとした時間がたまらなくいい。

120507-3.jpg

都市の近郊はやたらと高層ビルが目につく。
土地はたっぷりあるのに、なぜか高く高くと・・・高くを求めるのはどこの国も同じ。

120705-4.jpg

休憩のスパンが長かったのでちょっときつかった。
バスに乗る時は水分の摂取にご注意を!
サービスエリアでほっと一息・・・やれやれ。

120507-5.jpg

今宵の宿についた。砂漠宿舎、ここを拠点にして植林活動ははじまる。
レンガを2層に積んだユースホステル的な建物だ。
見えているのは廊下側。手前に青空トイレがある。

ここに来て不思議な感覚にとらわれた。
そうなんだ、ぼくの先祖(じいちゃん、ばあちゃん、ぼくのとおちゃんになる人:ばあちゃんの長男、兄弟たち
が満蒙開拓団でかの地にいたのだ。

生前父に満洲の話を断片的に聞かされていたので心象風景がインプットさていた。
ここにく来るまではそんなこと思いもしなかったが、この感覚は不思議な懐かしさのようなものであった。

ぼくはこのツアーに日常の延長のような気分で、軽装サンダル履きでやってきた。
想いがめぐってくる・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント