木のいのち

111205-9.jpg

100年生きた木は100年使う。

木の生きた生涯をを生かしてあげるということ。

わたしたち家づくりをする者は現場に行って山を見て、木を見ることが大切だと思う。

これは100年生きたスギがいのちを絶たれた瞬間である。

さわってみるとしっとりと暖かい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)