地元のヒノキを自然乾燥する

110110-4.jpg
110110-3.jpg

地元の山から伐り出したヒノキを製材して自然乾燥している状態。
上の写真が6寸角の柱で下の写真が桁や垂木などです。
製材所や森林組合の土場の軒下で桟積して乾かしています。

建築用材として用いる木材は、
材の強度や特質を最大限引き出すには自然乾燥に優るものはありません。
少々時間はかかりますが、
お天道様と風にたよるだけですからエネルギーコストはゼロです。

人為的なエネルギーを用いませんのでCO2も出ずエコですね。
この材、もう少ししたら大工さんの手で刻みが始まります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)