近くの山の木を使う

101023-3.jpg

左から、
スギ平角、ヒノキ羽目板、ヒノキ5寸柱といずれも現場で使った木々の落ち材である。
要らなくなった端材をもらったものだが、しばらくはこうして現場で用いた材を置いておく。
木というものは正直なもので、時間が経つにつれ色合いも変わり、
それぞれの表情を出してくる。
その時の現場を思い出させてくれ、
建物が使われてだんだんとその土地になじんでいく様子を想像するのも楽しい。

木は木としてのありように素直に使うことを心がけている。
木材は多孔質で湿気を吸ったり吐いたりする作用があるので、
色を付けることはあっても、それを妨げる塗膜を基本的には塗らない。
そうすると木は長持ちし、しだいに手触りがよくなり肌になじんでくる。

地産地消といわれるが、
木材においてもできるだけその近くの山でとれた木を使いたいと考えている。
その土地で育った木を使うことで気候風土に適した建物ができると思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)