れいほくの木々たち

101004-4.jpg101004-5.jpg101004-6.jpg101004-7.jpg101004-8.jpg101004-9.jpg

ががわ木造塾のフィールドツアーで高知れいほくを訪れた。しばらくぶりである。国産材の需給率はやや上向いてきているというものの山の状況は一向の変わっていない。それどころかますます厳しくなっている様子が見えてくる。外国資本による日本の「山買い」は日本の国土の根幹である本土の森林政策の盲点を見せ付けられたし、大規模集約化に向かおうとしている森林施業の現状は山の荒廃に拍車をかけかねない。自伐林家が生き延びる道なくしては、農業における農地を守ることと同じく山(森林)は守れない気がする。これから出てるのであろうか、気のせいか木材市場に木は少なかった。合板、集成材、チップ材に流れているのだろうか。育った木を適材適所にまっとうな価格で使うこと。かつて盛んに可動していたグレーディグマシンは休眠状態であった・・・。材が少ないのか?使うメリットが無いのか?それとも他の理由が、相当の設備投資であっただろうに残念だ。いっぱい木があるのに木を使えない不自由さ・・・れいほくスケルトンの現場を見学した。地域の木を使うことは、少し大げさに言えばわたしたちが暮らすこの地球環境を背負っているのかも知れない。あらためて山とまちの関係性と木をどう使うかが問われている。




スポンサーサイト

Tag : 地域材

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)