随神門の建替

100709-1.jpg

M神社随神門の建替え。

神社の境内にある随神門、年月を経て建替えることになった。

このような伝統建築は浄財で賄われることになる。

さて、どう取り組むか思案している。

その一つが記憶の継承、

この類の建築は一定のルールがある。

伝統建築のきまりを守りつつ、

人々の記憶をつなぐことが大切だと思う。

形態はシンプルだが、背景はけっこう重い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント