杉の床板

100626-3.jpg

湿気の多い今日のような日は、

杉のムク板の快適さがよくわかります。

塗装もなにもしていない、

素の板の上を素足で歩いてもまったくべたつき感がありません。

厚さは30mm。

となりの合板のフローリングはべたべたして気持がわるい。

今はこのような新建材は使いませんが、当時は知識がなかった・・・

新築・リフォームを問わず、床には杉のムク板がお勧めです。

見た目にキレイとか、キズがつかないとかよりも、

触れて心地よいという触覚の方が住まいの建材には大切。

それに湿気を吸って部屋をドライにしてくれます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)