三町ドームで棟上げ

2月13日(土)かがわヒノキの家を建てよう!
「かがわ型住宅の手引き」出版記念イベントが、高松市三町ドーム広場で開催されました。

100213-1.jpg

一間半角の木造フレームを組み上げます。かがわヒノキの柱に徳島杉の梁です。

100213-2.jpg100213-3.jpg

各コーナーでは、まちかどシンポジウムが開催され、木工体験が行われました。

100213-4.jpg

ハイライトは「餅投げ」このときばかりはワッと人が集まってきます。
昔ながらの棟上げ風景を再現したもので、もうたいへん盛り上がり拾う方は興奮します。

100213-5.jpg

今回のイベントは、香川県の主要な地域材であるヒノキの流通を促そうというもの。
地元の木を使って家をつくること、それはわたしたちの住む地球を救うことにつながります。
木の家はCO2を蓄え、町に森をつくることになります。
ぜひ、育てた人の想いがこもったこの「かがわヒノキ」を使っていただきたいと思います。

スポンサーサイト

Tag : 地域材

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)