優良材をつくる

   P8070020.jpg
  
   豊田林業

   豊田さんの森林は財田川の源流域右岸、阿讃山脈県境に広がります。

   森林(やま)の取材も西讃岐地域に入りました。

   先代が昭和21年より本格的に造林をはじめて、豊田さんは2代目となります。

   優良材生産を目的にやまづくりをしているヒノキ林に入ると、

   3番玉までゆうに枝打ちされたヒノキが見事に育っています。

   張りめぐらされた作業道からは間伐材をすべて搬出して、

   材を生かすべく土場に集積されていました。

   材を生かしきるのが豊田さんの森づくりです。

   下層植生が育ち、こ漏れ日の入る林内に入り深呼吸。

   身体の底から英気がよみがえります。

   豊田さん、

   スラリとした体躯はしなやかで、ことばの一つ一つがそまびとの気鋭に満ちていました。
  
スポンサーサイト

Tag : 地域材 住まい 間伐材

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)