7年かけて家づくり

   Fc2p8040011.jpg

   木と家の会では、

   住まい手に向けた「かがわ型住宅」の手引き書づくりに取り組んでいます。

   山の取材も3日目に入りました。

   今回訪ねたのは、香川西部森林組合です。

   三角組合長と三野課長にお話を伺いました。

   三角さん、7年かけてご自分の山から伐り出した木を使い

   家を建てられたそうです。

   「山が好き、木が好きでたまらない」穏やかな語り口からは、

   山に対する想い、またこれからの林業に対する強い意欲を感じました。

   林業をとりまく状況は厳しいですが、

   お二人にお話を伺っている中で、

   育っている桧、森林施業の展望に光明を見出しつつあるようです。

   地元の木を使った家をつくるには、

   香川においても川上と川下の関係の再構築にあると思います。

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント