状況はまったく・・・

某確認申請認可機関に、確認申請書を出しまた。

構造点検でかえって来た項目がなんと47項目。

いやもうびっくり!

小規模鉄骨造2階建ての建物で、

法改正前は構造計算書の添付義務さえなかった建物です。

重箱の隅を針で入念につっき出したという感じ。

そんなに建築士が信用できないのでしょうか。

わたしたちは建築物の規模や工事形態に応じて責任ある設計図書をつくっています。

矜持をもって仕事をしています。

今の建築基準法はいじくりすぎてへんなのがいっぱいです

今度の選挙では、ときの国土交通大臣をいただき、

へんな法改正を行った、ときの政権にてっついを下しましょう。

そして、次なる政権は真に生活者のためになる法律に改良して

いただきたいと思います。
スポンサーサイト

Tag : 建築

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)