母の手術

          コピー ~ P1270019

   手を握ったあと、オペ室に入っていった。

   その時を待っていた母は、朝早くから身支度をしてぼくたちを迎えた。

   明るく振舞うその顔は、ぼくたちに心配をかけまいと気遣っている。

   病室から歩いていった。

   午前9時に手術がはじまり午後10時に終わった。

   顔を見たのは午後11時半、静かに目を閉じていた。

   大手術を終えた安土感はその表情からはまだ見えない。

   懸命に必死に生へのたたかいはまだ続いている。

   胆管癌と周辺臓器の摘出手術だった。

   執刀チームの先生や看護師さんに感謝せずにはいられない。
 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)