トレラン/PDを聞きに

昨夜は、香川県山岳連盟主催によるトレイルランニングの人たちパネルディスカッションを聞きに行った。香川でもトレランが普及をはじめているようで、なかなか興味深いものだった。ぼくは山は走るというより歩く方だが、彼らは走ることがたまらなくエキサイトするのだろう。その気持はよくわかるし、自然を相手に自らの身体がシンクロするエクシタシ―は登山と共通するものがある。パネラーに加わっていたクライマーのT氏の発言はぼくの若き日を思い起こさせてくれたし、くすぶり続けている山への想いが着火気味だ・・・。今はやることがいっぱいあってたいへんだが、自然との関わりは一生つづくだろうし、還暦を過ぎあと20年どう生きるか、自分と向き合っていきたいと思う。刺激的な一時間半であった。
スポンサーサイト

早朝の城山山頂

150117-1.jpg

冬の山頂は少し殺風景、木々はすっかり葉を落としています。

地表も草枯れのじゅうたん。

来る春に備えて今はしっかり力をたくわえる時期なのでしょう。

遠くにはぼんやりと飯野山がかすんでいました。

始動!

さあ!仕事が始まりました。
元旦から今一だったお天気も今朝は仕事はじめにふさわしくスカッと晴れました。

150105-1.jpg

こんな朝はお布団をお日さまに当てて気持よくしないとね。
関わりあるすべての皆様に感謝を込めて今年もがんばりたいと思います。
2015年よろしくお願い申し上げます。