里山歩き納め

裏山(城山)からヒノキ林を経て・・・稜線には今朝の雪が残っていました。
父と母が見守るヒノキ林は相当手を入れなければならない状態です。
今年もこの山で始まりこの山でしめくくりです。2013年ありがとう。

131229-2.jpg131229-3.jpg
131229-4.jpg131229-5.jpg
131229-6.jpg131229-7.jpg



スポンサーサイト

畑からのおくりもの

131215-1.jpg

5kg×20倍=100kg
秋ジャガ、こぶし大のやつがごろごろと、春のはさっぱりだったけれど・・・

131215-2.jpg131215-3.jpg



かがわ木造塾

131210-3.jpg

住まいのつくり方はそれぞれの先生の思想が現れており、聴いててとても勉強になる。トヨダ先生は土壁の蓄熱透湿効果をうまく引出して現代のアレンジを加え、センスのよい住まいを導きだしている。経験則を住まいの性能として数値で示すことの大切さは、これからの家づくりに欠かせないものだし、日々進化する性能と主役である人がどう関わっていくかが問われている。

夜の焚火

131203-1.jpg

夜の焚火はスピリチュアルでシュール・・・
変幻自在の炎はいつまでも見飽きません。

森の入口、それとも出口?

131202-5.jpg

期待と不安、中に入ると驚くような何かが・・・