いろどり

121119-2.jpg121119-3.jpg121119-4.jpg121119-5.jpg

木々が色づいて里山ももうすっかり秋色。
里山を歩きながら色々なことを考え思いめぐらす。
秋は心の整理に最適だ。
スポンサーサイト

ジョンさんとの出会い

121119-1.jpg

ご縁があって、
ジョン・ギャスライトさんとお合いした。
写真は高松市主催のシンポジウムで話すジョンさん。
身振り手振りで舞台全体をつかい聴衆を引き込むテクニックはまるで一人芝居をみているようだった。

ドリームメーカー
いいことばだ。
夢を語り、夢を伝え、夢を実現する。
80年の人生でそれをなしえる人は限られているかもしれない。
でも、それをやり続けることで夢は受け継がれる。

怒りを覚えたら1分間だまる・・・すると心が変化する。
ジョンさんの人生はヒューマンドラマそのものようだ。
人はネガティブな体験、ポジティブな体験、さまざまな体験を夢に昇華することができる。
すてきな出会いをありがとう。

坂東玉三郎+鼓童

121114-2.jpg

機会があって先日坂東玉三郎の公演を観にいった。
写真は幕間のもの・・・公演中は撮影禁止のため。

それにしても人間国宝の演技を目の当たりにする機会はめったにない。
坂東玉三郎といえば女形だが、体のすべてから発せられる動きが目に焼き付く。
身体芸術とはこういうものなんだろう。

ふだんまったくこういう世界と縁のない暮らしだが、たまに観ると触発される。
鼓童とのコラボがまたよかった。玉三郎の踊りと太鼓がまみえ魂の昇華をみた。

金丸座の天井の竹格子が美しい。
ちょっと目線は遠いが、1階の窮屈なマス席より2階の方が全体が見渡せていい。
それに体もらくだ。