めでたく完成しました

110329-1.jpg

まんのう町かりんの丘公園の施設です。
めでたく完成の運びとなり、施工者からまんのう町に引き渡されました。

110329-2.jpg

この施設は、
まんのう町産のヒノキ18㎥(構造フレーム)徳島産のスギ9㎥(野地板)を使用しています。
丸太に換算すると全部で45㎥くらいになるでしょう。

施工は(有)七箇工業さんが担当されました。
暖かくなってかりんの丘公園に遊びに来たら見てください。
スポンサーサイト

M神社随身門建てまえ開始

110316-2.jpg

総ヒノキで4隅8本の柱勝で羽目板を入れながら組み上げていきます。
スギ材の家屋を見慣れているせいか手仕事感のある建てまえが新鮮です。

110316-1.jpg

中央には3本の虹梁が差されカエルマタが載ります。
カエルマタは旧門のそれを洗いかけ修復して使っています。

多度津のアンコールワット?!

110310-3.jpg110310-4.jpg
110310-5.jpg110310-6.jpg
110310-7.jpg110310-8.jpg

昨日知人の案内で、とあるお屋敷の取り壊しの現場を見に行った。

おお!
な、なんだこれは!

まさに埋もれていた遺跡ではないか、これは。
大正末期から昭和初期にかけての建築だそうである。

海鮮問屋で材を成した人のお屋敷で3000坪の土地に300坪の建物であったとか。
当時建築費が35万だったそうで、
近くの現多度津高校が当時9万円の寄付で建てられてというから・・・。

詳しくはこちらから。

かりんの丘公園の施設がほぼ完成しました

110307-2.jpg

まんのう町産ヒノキでつくった上屋が足場がのいてほぼ完成です。
今は白い木肌が美しく、なかなかりっぱなまんのう町のヒノキです。

この事業、「平成22年度香川県森林整備林業再生事業」といい、
林業振興や木材活用のPRになればと願っています。