選挙の季節

普段の活動はよく見えないが、

選挙が近づくと俄然議員さんの動きが活発になるのは国政選挙も地方選挙も同じである。

わがまんのう町議会も新年度早々選挙があり、

町村合併の特例も済み、議員の数も定数どおりになるため、

新旧交代優勝劣敗の様相を呈している。

日夜身を挺して町民のために議員活動をしている(しようとする)、そんな人を応援したい。

が、なかなかそういう人は見えないなあ。

普段がんばっていて、選挙の時は静かにしている人がいいんだけど、反対の人が多いね。

どちらに向かっても正々堂々とモノの言える人が出てきて欲しい。
スポンサーサイト

サクラの季節

100330-1.jpg

 今朝は霜が降りて、3月の終わりだというのに冷たい朝だった。

 山上稜線の水たまりは氷が張り、上を踏むと煎餅のようにパリンとはじく。

 少し間のあいた朝の山登りも今日は久しぶり。

 父に会ってこようとヒノキ林まで足を伸ばす。

 少し早いのか林内の木々の芽はまだ小さい。

 動物の胃袋に納まったのだろう、以前父に御供えした餅はとっくに無くなっていた。

 帰り路、澄み渡った空にサクラが映えて美しい。

 弟が逝って一月あまり、彼もきっと空からサクラを眺めているに違いない。