06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

量り売り

2008.07.31 (Thu)

コピー ~ P7310002

昔はよくあったよね、量り売りが・・・
醤油なんかは空の一升瓶を提げていって店の樽から直に入れてもらっていた。

村の酒屋には酒樽が鎮座しており、近所のおっさんが栓を抜いた樽から注がれる
芳醇な液体をコップで旨そうに呑んでいたっけ。
肴はなんとかでスルメはあったが、たぶん田舎だからエイノヒレはなかったと思う。

今はペットボトル全盛の時代で便利になった分味気ない。ゴミもいっぱい出るし・・・。
量り売り→量り買いはエコな生活スタイルだね。
う~ん、この麦焼酎なかなかいけます。横にはイモ焼酎の樽もある。

ところで、樽って木に尊いと書く。なるほど言いえて妙、尊い液体が入っている。
スポンサーサイト
17:25  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

天辺に涼を求めて

2008.07.28 (Mon)

P7270015.jpgP7270025.jpgP7270026.jpg
P7270033.jpgP7270045ニガナP7270059.jpg

こう暑いとどこか涼しいところに行きたくなる。
前日の山の作業ですっかりオーバーヒートしてしまったカラダをもてあまし気味だ。
パッと思い立ち、涼を求めて四国山脈へ出かけることに。
どこまでも高く碧い天空には、夏雲が次から継ぎに湧きあがる。
さすがに1700mにもなると山上は涼しくて最高。
ガイド犬シロは元気いっぱいに道案内をしてくれる。
黄色いニガナの花びらが揺れ、白髪山避難小屋の赤い屋根が目を引く。
高知と徳島の県境に跨る雄姿はまさに四国山脈の脊梁にふさわしい。
名頃~三嶺~カヤハゲ~白髪山~高ノ瀬~奥祖谷かずら橋まで9時間を歩いた。
もっと見る→天辺の散歩道
14:54  |  山岳  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体力勝負

2008.07.13 (Sun)

P7120002.jpgP7120007.jpgP7120013.jpg
        
   この時期の山仕事は尋常ではない。
   暑さ、草いきれ、毒虫攻撃とまるで格闘技だ。
   20年生桧林の除伐作業、
   桧の生育を阻害する林間の草木を除く作業である。
   たっぷりと汗をかくので水分補給が欠かせない。
   路傍の「ネジバナ」が一瞬の清涼剤となる。
13:13  |  アウトドア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今朝のグリーンジム

2008.07.01 (Tue)

ガサガサと音がして木が揺れる。

移動するでもなく同じところで動き回っているようだ。

フッーフッーと鼻息が聞こえ、しぼり出すようなうめき声が混じる。

ぼくは、音の主が出てきたら写そうとカメラを構えていた。

5、6分も経っただろうか、

ドスンと音の主が道に転がり出てきた。

出てきたというより落ちたというべきか。

なんとワッパに足を入れた猪がワイヤーの先に木をくっつけている。

脱出を試みた猪は懇親の力でもって、つながれている木の根を掘り、引き抜いたのだ。

一瞬ぼくの姿を見たが、木を引きずって雑木の中に逃げ込んだ。

ヤツは運悪くワナにかかり、木には狩猟者の札が付いていた。

後に、狩猟者は形跡をたどるのだろうか・・・。

ぼくたちは命を喰らって生きている。

18:01  |  里地里山  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |