お寺の改修工事が始まりました

S寺本堂の外装と山門の改修工事が始まりました。今回は本堂の紹介です。壁が少ない妻側には、補強のためのバットレスが設けられていました。東側の焼板は実際に直火で焼いて作られていたようです。現われた土壁は造られた当時が思い起こされます。

20070516160300.jpg 20070516160403.jpg 20070516160441.jpg 20070516160515.jpg
妻側のバットレス    使われていた焼板  現われた土壁    新たな壁下地
スポンサーサイト

おおっ!早くも ~きのこを見つけました~

5月の連休が過ぎると里山はぐっと緑が濃くなります。ウルシの葉もしだいに緑を増してきました。なんと、例年は6月に入って見られた「マツオウジ」が1本、松の朽ち木に発生していました。(食べられますよ)イノシシは迷路のような「けものみち」を動き回っていますが、きのこには興味がないようですね。

20070513125817.jpg 20070513125845.jpg 20070513125927.jpg 20070513130001.jpg
若葉のウルシ    マツオウジ     同         けものみち

白髪山 ~桧白骨林とシャクナゲの山~

5月4日、昨日に続き登山。高知県本山町(嶺北)の白髪山1470mに登りました。シャクナゲの花はまだでしたが、アケボノツツジに出会うことが出来ました。廃校の木造校舎はとてもなつかしさを感じます。
つづきは → http://wwwb.pikara.ne.jp/shinpuusha/yama.html

P5040054.jpg P5040122.jpg P5040150.jpg
アケボノツツジ        メルヘンチックな杉林      白髪小学校跡

西赤石山 ~遺跡の道をたどる~

5月3日、新居浜市別子山にある西赤石山(1626m)に登りました。旧別子銅山の遺跡をたどりながら、歴史の道を堪能しました。アケボノザクラやツガザクラなどの開花には少し早かったようです。
つづきは → 遺跡の道をたどる

P5030010.jpg P5030039.jpg P5030066.jpg
苔生した石垣        路傍のスミレ        石鎚遠望

飯野の家 ~足場がのきました~

飯野山のふもとで建築中のO邸、足場が取り払われました。
屋根:GL鋼板瓦棒葺き 外壁:焼杉とガルスパン張 内部:杉材とシラス壁など。

P5020009.jpg P5020022.jpg
果樹畑から見る   建物の中

新緑の里山 ~静けさの中で~

連休の合間に近くの高鉢山に登りました。昔は航空灯台が設置され、夜空に回転灯が照らされていました。
つづきは → http://www1.odn.ne.jp/housha/yama.html

20070502155813.jpg