09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

竹を使おう!

2017.10.22 (Sun)

これは「みの」、竹で編んだ農道具です。

農家には必ずあり農作業に欠かせない道具でした。

現在も使われています。

「風選」といって、

たとえば豆の実と殻を分けるため、両手で上下に仰ぎ殻を飛ばしていました。

そのほかちょっとした運搬や干し物にも重宝します。

171022-1.jpg

知人の竹を扱うHさんから、

「みの」に使うマダケを求める職人さんがいるとのことで、羽床城跡のマダケを紹介しました。

竹の活用につながればいいですね。
スポンサーサイト
18:58  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

雨が続く・・・

2017.10.21 (Sat)

171021-1.jpg171021-2.jpg171021-3.jpg171021-4.jpg171021-5.jpg
今年の秋はいったいどうなっているんだ!
雨ばっかりで秋空が見えない日が続いている・・・もう雨はたくさんだ。
おまけに台風が来ている。
畑の野菜も日照不足が気にかかる。



09:26  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

畑の風景・・・農ある暮らし

2017.09.17 (Sun)

   台風の接近で予定していた行事がなくなったため、
   たっぷりと水を含んだ畑の様子を見回りました。

      170917-1.jpg
      170917-2.jpg

   ゴーヤはまだまだ健在で小さな黄色の花と実の赤ちゃんがついています。

      170917-3.jpg

   一度刈り取ったあとに出てきたアカジソ、シソジュースをつくりましょう。

      170917-4.jpg

   ニラの花って白く小さなのがいっぱいつきます。
   ちょっと意外な気もしますが種をいっぱい付けてまたたく間に範囲が広がってゆきます。
   ギョーザや寒い日のニラスープには欠かせません。

      170917-5.jpg

   ミントは本当につよい!
   個性的な香りのせいで虫もよりつかないのか刈っても刈っても出てきます。
   冷やっこに添えたりと名脇役のポジションを保っています。

      170917-6.jpg
      170917-7.jpg

   一週間前に種を蒔いたダイコンとハクサイが発芽しました。
   冬に欠かせない定番の野菜で、これがないと冬が越せません。
   上のダイコンは定植、下のハクサイは少し大きくなってから移植します。

      170917-8.jpg

   熟れたゴーヤの種が落ちていたものが発芽しました。
   シーズンはもう終わりですがこれからどう生育するのか観察することにします。

      170917-9.jpg

   これから本番の秋ナス、
   夏の間は暑さガードのためやや固めでいたが今からは瑞々しさがうんと増してきます。

      170917-10.jpg

   オクラは9月いっぱいはまだ採れそうです。
   もう数年種を採取して育てていますが毎年たくさんの実をつけてくれます。

     170917-11.jpg

   アオジソも実を付けはじめました。
   そう言えばHクンがこの実を使って美味しい保存食をつくっていました。
08:46  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

完熟

2017.09.15 (Fri)

   植物は本来熟し、種を付け、子孫をつないでいくのだが、

   人の都合でその過程で採取し食物になる。

   野菜がどんな花を付け、実を結ぶのかが気になるので、

   少し残して行く末を見届ける。

170915-1.jpg


   ゴーヤは完熟すると皮の苦さは消えてグリーンのときとは違う食感になる。
  
   サクサクした皮はジュースやサラダにおすすめでまったくクセがない。

   種は真っ赤なゼリー状の衣をまとい、とっても甘い。

170915-2.jpg

   その中に硬い種がある。

   栄養価も高く、グリーンカーテンにもなるゴーヤはすぐれものだ。

170915-4.jpg
16:59  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏野菜も終盤

2017.09.12 (Tue)

ゴーヤとオクラのサラダ、ドレッシングはバジルとオリーブオイル。

さっと湯通ししてシャキシャキ感を味わう。

今年の夏もたくさん食べた。

夏の畑は葉物が少ないので貴重な食材だ。

我が家の料理人はその辺にある食材を使って美味しい料理を作ってくれる。

170912-10.jpg


22:41  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

畑の風景

2017.09.11 (Mon)

冬野菜の準備、夏が過ぎると畑があわただしい。しっかり繁ったおびただしい草を取り除いて植えつける。
親がやっていたことを真似ての自己流だから出来不出来がはげしい・・・さて今年はどうなるか?

170911-1.jpg

ジャガイモを生け込んだ。しばらくすると地上に芽を出すだろう。

170911-2.jpg

ダイコンは一畝に2条の種を蒔く。

170911-4.jpg

今年の白菜はポット苗で仕立ててみる。

170911-3.jpg

ニラの群生が白い花をいっぱいつけた。
19:05  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

共存共栄

2017.06.28 (Wed)

スイカとゴーヤ・ナンキンとアカジソ・自然に生えたアオジソ

雑草と共存共栄している。

ちょっとたいいへんだあ~!

170628-4.jpg
170628-3.jpg
170628-2.jpg
12:55  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

畑の風景

2017.05.18 (Thu)

作付けを止めた畑には雑草が元気だ。

多種多様な草が除けても除けても生えてくる。

作付け野菜もこんなにタフに育ってくれるといいのだが、人の手が加わっているものはやわだ。

170518-1.jpg

いつの間にか勢力を拡大したミントは一面ミント園の状態。

170518-2.jpg

野草化したパクチが白い小さな花をつけている。

このスケールにあった昆虫が蜜を求めて飛んできた。

こんな小さな花に蜜があるのだろうかと思うがそれはそれなのだろう。

170518-3.jpg
09:10  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

穂先タケノコ保存食の仕込

2017.05.05 (Fri)

緑が濃くなってタケノコ(孟宗竹)がぐんぐん伸びています。タケノコ掘りの時期はあっいと言う間に終わりました。
採りこぼしたタケノコは「穂先タケノコ」として2次採取です。

   170505-1.jpg

バッサバッサと切り倒し(スカッとします)上部のやわらかいところを切り取って皮をむきます。

   170505-2.jpg

硬い節は除いて(上の方は節ごとOK)繊維方向に2~3mm程度の厚さに短冊切り。単純作業ですが根気よくやります。

   170505-3.jpg

熱湯で10分程度あく抜きし(米のとぎ汁や米ぬかを入れるとよい)ざるに打ち上げて天日干しします。

   170505-4.jpg

すぐに食べるのであればこの状態で野菜炒めやキンピラに、乾燥したものは日持ちがするので水に戻して調理します。けっこう応用範囲の広い食材ですのでお試しあれ。竹林の拡大に手をやいている今日ですが、若竹のうちに処理すると労力は格段に減り食材に変身するのですからどんどん採りましょう!
14:33  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

陽気に誘われて

2017.03.22 (Wed)

陽気に誘われて仕事の息抜きにぶらりと外に出てみると、畑の畦にところ狭しと出ているツクシたち。さっそく今晩の一品をゲットしました。心浮き立つこの季節は野草も生命感にあふれています。

170322-1.jpg

ツクシが出ているのは野生のニラ群の中です。里地にも春がやってきました。

170322-2.jpg

ハカマをとったり、ちょっと下こしらえが面倒ですがほろ苦い風味がまた季節感があっていいもんです。

     170322-3.jpg

自家製シイタケとツクシの佃煮になりました。
13:38  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT