FC2ブログ

里山に春がきました

やはりタケノコが採れだすと、

春っ!て気がします。

早春のツクシが青々としたスギナに変わり、

ワラビや木の芽の山菜が豊富になるころには、

サクラの花びらはとっくに散って、

青々とした若葉が勢いよく出ています。

里山は萌黄色のグラデーションがかかり、

今が一番瑞々しくて美しい季節かもしれません。

190414-1.jpg

タケノコ、

もちろん早速にテンプラにしていただきました。

直採りのありがたさを堪能しています。
スポンサーサイト

いとなみ

190302-2.jpg

ぼくたちが食べている何層にも重なっている葉っぱは、

来る時に花を咲かすために芯を守っているんだね。

採らずに置いた白菜が芯が伸びて陽気に誘われるように黄色い花をつけた。

190302-1.jpg

土手のツクシも胞子を飛ばし始めている。

野はもう春。

木々の芽吹きももうすぐで、

野山で採れる食材が豊かな季節がやってくる。

高松明日香展

16年度県文化芸術新人賞をとった、

高松明日香展が、香川県文化会館で開催されている。

ここ10年間に制作した画200点の展示は圧巻というほかない。

年代を追っていくと彼女の心象のゆらぎがみえる気がしてきた・・・

IMG_1583 - コピー
IMG_1590 - コピー

従姪の高松明日香は児の母でもある。

それにしてもこの創作エネルギーの源泉はなんだろう!

高松明日香展

冬の朝の焚火

朝目覚めると外に出てみる。

おお―!寒い。

焚火が始まる。

ちょっとした冬の朝の楽しみだ。

焚き木はふんだんにあるので惜しげない。

手とかざす火のぬくもりと気温の冷たさの落差が楽しい。

しばらく火にあたると朝飯だ!

190108-1.jpg

エンジン始動!

年末年始の運動不足で動きが鈍った体をリフレッシュ。

昨年暮れに取り掛かった土器川の公募伐採に出かける。

川に繁った雑木を伐って持って帰るというもので、

タダで薪の取得ができる。

気合を入れてチェンソーを振るう、

エンジン音が心地良い!


190104-1.jpg
190104-2.jpg